留学先はインド!?~バイヤー伝~

インド留学の体験を漫画化!? ハチャメチャで愉快なインド生活を堪能あれ!

第30話 インドでサムギョプサル!? 韓国料理屋へGo!

      2016/09/27


india-korean-restaurant-1

india-korean-restaurant-2

india-korean-restaurant-3

 

How-to-walk-india-blue

まさかのそこに!?

korean-restaurant-near

韓国料理屋へ行くということで、テンションが上がりっぱなしの僕とハマ。

さっそく外に出て店を探そうとすると、アカムから衝撃の一言が。

 

「店はここだよ!」

 

なんと僕たちが滞在しているTENTから、2つ隣の店だったのだ。

あまりに近すぎて笑ってしまう。

 

その近さゆえに、常連客となるのにそう時間はかからなかった。

 

ちなみに、TENTがある通りには、韓国料理屋以外にも、中華料理屋、スーパー、屋台、八百屋、携帯ショップ、布団屋など、非常にたくさんのお店があり、便利な通りだった。

 

肉や〜!!

restaurant-inside

店内は座敷。

やはりなんとなく落ち着くものだ。

 

席についたらさっそくメニューを凝視。

 

もうね、

 

肉しかないよね。

 

さすが韓国。

パラダイスとはこのこと。

 

僕たちにとって、肉というのはただの肉ではない。

doya-face

 

エネルギー源なのだ。

 

 

というのは言い過ぎたが、インドに来てなかなか肉にたどり着けていなかったため、食べたい衝動に駆られていた。

インドの東北地方出身の3人

india-northeast

新しく知り合ったボムとピナも、インドの東北地方出身らしい。

 

ボムはマニプル。ピナはメガラヤ。アカムはナガランド。

 

インドに来る前までは彼らの出身地に関する情報は全く知らなかったが、話を聞いていくうちに、非常に興味を持つようになった。

 

どうやら彼らの東北地方には、その土地特有の有名な肉料理があるらしい。

 

なにそれ、絶対食べたい。

 

僕とハマはその肉料理を食すことを固く誓った。

 

意外な共通点

student-of-delhi-univ

 

驚くことに、なんと彼らはデリー大学の学生だったのだ。

 

僕とハマもそのデリー大学の留学生としてインドに来たのだ。

なんとも不思議な巡り合わせ。

 

ちなみにボムはムクルさん

mukul

と同じ、デリー大学のセント・スティーブン・カレッジの学生である。

ハイパー優秀なのだ。

 

インド滞在中、この3人とは特に仲が良かった。

一緒に旅行に行ったり、様々なハプニングに巻き込まれたり…笑

今後の展開を乞うご期待!

 

………………………………………………………………………………………………

「インドの歩き方」一覧 ←ここもチェック!

漫画一覧 ←漫画だけ読みたい人はこちら!

Kenのプロフィール ←ジャイロボール編おすすめ!

KenのTwitterで漫画の更新をお知らせ しています!フォローme!

漫画の更新や様々な情報を配信!↓↓↓


 - 「インドの歩き方」一覧