留学先はインド!?~バイヤー伝~

インド留学の体験を漫画化!? ハチャメチャで愉快なインド生活を堪能あれ!

第15話 インドの地下鉄(メトロ)に乗ってみた

      2016/09/27


india-metro-1

india-metro-2

india-metro-3

 

How-to-walk-india-blue

インドの地下鉄『メトロ』

india-metro-1

 

ぼくはインドに地下鉄があるとは思わなかった。

 

ちなみに、インドで地下鉄は「メトロ」と呼ばれている。

 

インドは29の州から成り立っており、首都デリーとコルカタの2州にメトロがある。

中でもデリーのメトロのクオリティはかなり高い。

 

デリーメトロの特徴↓

□ほぼ時間通りに発着する
□本数が多い
□車内が清潔

 

どれもこれもインドではあり得なそう項目だが、事実である。

 

delhi-metro-2 delhi-metro-3 metro-inside

 

しかし、どこか見たことがあるような感じがしないだろうか。

 

 

そう、日本の地下鉄や電車とそっくりなのだ。

 

その理由は、日本との共同開発!?

 

good-relation

 

実はデリーのメトロは、日本と共同で建設されたものだ。

 

このメトロ建設事業に多くの日本企業が参加した。

また、第一期工事の建設費用の6割が、日本のODA(政府開発援助)から支出されている。

日本の技術も導入されており、まさにインドと日本の協力タッグで事業が進められてきたのだ。

 

このメトロ事業が日印友好のシンボルともなっており、親日のインド人が多いのもうなずける。

マヌからこの話を初めて聞いたが、意外にも知らない日本人は多いと思う。

 

ぼくとハマは、このことを日本人として誇らしく思った。

 

デリーのメトロは便利

metro-map

 

すごく便利。

2016年現在では、レッド、イエロー、ブルー、グリーン、バイオレット、オレンジラインの6つの路線がある。

そして同2016年には、新たにピンク、マゼンタラインの2つの路線が開通するようだ。

各路線、まだまだ延伸工事が進められており、デリー全域にその路線網が広がっている。

 

デリーのメトロはもはや人々の生活に欠かせない交通手段なのだ。

 

デリーのメトロは安い

すごく安い。

思わず、「え、こんなんでいいの?」と思ってしまうくらい安い。

 

メトロで端から端まで1時間かかるような距離を、30ルピー(約45円)ほどで行けてしまうのだ。

一番遠い距離でその程度だから、普段使う分にはもっと安い。

 

デリーに来たら、間違いなくお世話になる交通手段がメトロなのである。

 

車内でガン見される

gazed-in-metroインドでは、日本人はとにかく目立つのである。

これはしょうがない。

 

そしてインド人はインド人で躊躇なくガン見してくる。

これもしょうがない。

 

最初は慣れないだろうが、気にしないでおこう。

 

そのうち、実は自分、有名人なんじゃないか…?

というある種のスター気分を味わえるようになるから、それまでの辛抱である。

 

それにしても、この「ガン見」に対抗して、自分から「ガン見」し返すあたりがハマらしい。

彼はメトロに乗る際、常にインド人と「ガン見」対戦をしていた。

 

そして誇らしげに言うのである。

「俺も10秒くらいガン見してやったで!ほいたら、あっちの方から顔そむけたんさ!俺の勝ちなんさね!」

 

 

おめでとう、ハマ!

SPONSORED LINK


………………………………………………………………………………………………

「インドの歩き方」一覧 ←ここもチェック!

漫画一覧 ←漫画だけ読みたい人はこちら!

Kenのプロフィール ←ジャイロボール編おすすめ!

KenのTwitterで漫画の更新をお知らせ しています!フォローme!

・ ここ限定の漫画や様々な情報を配信!↓↓↓


 - 「インドの歩き方」一覧